塩田彰|宮古島のおすすめ料理紹介

少年時代から、ずっと外出はあまりしないで、自宅で過ごすことがほとんどだった私が、なぜ沖縄の宮古島に移住したのかと言いますと、結婚してから子供を授かり、家族旅行で何回か行ったことがキッカケなのです。

私は出身地が茨城県という事もあり、都会より田舎寄りの方が私は好きでして、沖縄だとゆっくりと時間が進んでいる感覚にもなり、凄く気分も落ち着き心も体もリフレッシュすることができ自分には最適な環境でした。

脱サラをしマネーコンサルタントとして、第二の人生を歩み始めて良い意味で慌ただしい生活を送っていると、ふとそのような思い出が蘇り、また旅行にいきたいなと思いましたが、会社勤めでは無くなった私は、マネーコンサルタントとして第二の人生を歩み時間にも会社にも縛られることなく生活が送れているのだから、いっそのこと沖縄の宮古島に移住しようと決意し、家族と一緒に移住しました。

移住をしたことにより観光の時と違い、ゆっくりと過ごすことが出来ていますので、私なりの宮古島のおすすめ料理をご紹介していきたいと思います。

塩田彰おすすめ料理!

皆さんは宮古島の料理といえば何を思い浮かべますか?

どちらかというと、海やマリンスポーツなどを先に思い浮かべるのではないでしょうか?

沖縄料理と聞かれたらすぐに連想できる人は多いと思います。

ですが、宮古島にもおすすめする料理があります。

あくまで私、塩田彰個人のおすすめ料理でありますので、参考程度にしてください。

でわ、塩田彰おすすめ料理5つを紹介していきたいと思います。

おすすめ①宮古そば

宮古島に来たら、まず食べておきたいのが、地元の人がふるさとの味と呼ぶ「宮古そば」。

柔らかく煮込まれた豚の三枚肉(バラ肉)とさつまあげがのった宮古そばは、あっさりした鰹だしの澄んだスープに、ツルっとした食感のストレート麺が特徴です。

島内に数ある店の中でも、創業80年の歴史を誇る「古謝そば屋」は行列ができる人気店ですので、観光に来た際はぜひ立寄ってみてはいかがでしょうか?

おすすめ②マグロとカツオ

実は、宮古島で獲れるマグロとカツオは絶品なのです。

宮古島から伊良部大橋を渡った伊良部島の佐良浜漁港は、鰹が水揚げされる有名なスポットです。

また、宮古島には14の漁港があり、新鮮な魚料理は宮古島でも人気のグルメです。

観光で来た際に、マグロとカツオを同時に食べたいという方は、佐良浜漁港の目の前にある「魚市場いちわ」に立ち寄ってみてください。

佐良浜漁港で水揚げされた新鮮なマグロとカツオの刺身を盛りつけた漁師めしを召し上がることが出来ます!

おすすめ③宮古牛

滞在中にぜひ味わいたい宮古島の食材といえば、石垣牛と並ぶ沖縄のブランド牛、宮古牛です。

宮古島の南の海岸線にある高級リゾートでは、特選宮古牛のロースやカルビをはじめ、アグー豚ややんばる鶏、新鮮な魚介類を炭火焼きで楽しむことができます。

ちょっと贅沢な焼肉ディナーを楽しみたい人はぜひ、宮古牛を食してみてはどうでしょうか?

おすすめ④タコ

宮古島は、マグロやカツオ以外にもタコが獲れることでも知られています。

獲れたての島ダコを使った料理の数々は、タコ好き海鮮好きにはたまらないものです。

おすすめ⑤島おでん

おでんといえば、冬に食べるものだと思いますよね。

ですが、沖縄や宮古島の人からするとおでんは家庭料理であり、酒の肴としても一年中定番のメニューなのです。

大根、さつま揚げ、こんにゃく、卵など、煮込む具材は一般的ですが、テビチ(豚足)で取った出汁とともに、とろっとろに煮込まれたテビチ(豚足)が皿に盛り付けられ、出汁にくぐらせた青菜がのっているのが沖縄(宮古島)スタイルになっています。

お気に入りの宮古島スポット紹介

少年時代から、ずっと外出はあまりしないで、自宅で過ごすことがほとんどだった私が、なぜ沖縄の宮古島に移住したのかと言いますと、結婚してから子供を授かり、家族旅行で何回か行ったことがキッカケなのです。

私は出身地が茨城県という事もあり、都会より田舎寄りの方が私は好きでして、沖縄だとゆっくりと時間が進んでいる感覚にもなり、凄く気分も落ち着き心も体もリフレッシュすることができ自分には最適な環境でした。

脱サラをしマネーコンサルタントとして、第二の人生を歩み始めて良い意味で慌ただしい生活を送っていると、ふとそのような思い出が蘇り、また旅行にいきたいなと思いましたが、会社勤めでは無くなった私は、マネーコンサルタントとして第二の人生を歩み時間にも会社にも縛られることなく生活が送れているのだから、いっそのこと沖縄の宮古島に移住しようと決意し、家族と一緒に移住しました。

移住をしたことにより観光の時と違い、ゆっくりと過ごすことが出来ていますので、私なりの宮古島のお気に入りスポットをご紹介していきたいと思います。

私、塩田彰のプロフィールはこちら

塩田彰(Akira Shiota)のお気に入りスポット!

私、塩田彰(Akira Shiota)が第二の人生としてマネーコンサルタントとして生きていくために脱サラをし、沖縄の宮古島へ家族と移住をしました。

そんな私がおすすめするお気に入りのスポットは5個です!

塩田彰(Akira Shiota)おすすめ①与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチ

通称「マイパマビーチ」として親しまれ、7キロメートルにもおよぶ白砂の浜と、見渡す限りのエメラルドグリーンの海は東洋一の美しさとも謳われる与那覇前浜(よなはまえはま)ビーチ。

対面の来間島にかけて、海の青色がどんどん濃くなる天然美のグラデーションも素敵です!

全日本トライアスロン宮古島大会のスタート地点としても知られ、マリンスポーツも盛んなのです。

塩田彰(Akira Shiota)おすすめ②東平安名崎(ひがしへんなざき)

宮古島の最東端に突き出した、長さ約2キロメートル、幅200メートルほどの美しい岬「東平安名崎(ひがしへんなざき)」。

右を太平洋、左を東シナ海に分け、断崖に荒波が押し寄せる景観は迫力満点。

日本都市公園百景のひとつにも選ばれている国指定名勝です。

遊歩道周辺は、県の天然記念物「天ノ梅の群生落」に年中覆われ、春にはテッポウユリが一面に咲き乱れます。

塩田彰(Akira Shiota)おすすめ③池間大橋

宮古島と池間島を結ぶ全長1,425メートルの橋です。

橋の上から見る海はとても美しく、この海の色を形容する言葉が見つからないほどといわれています。

橋の両端には展望所を備えた休憩所があり、東には大神島が望めるポイントもあります。

池間島は6~10月の満月の夜に、産卵のため浜に降りるオカガニの大群が島を横断することでも有名です。

塩田彰(Akira Shiota)おすすめ④新城海岸(あらぐすくかいがん)

浅瀬でもカラフルな枝サンゴや大小さまざまな熱帯魚を観察できる人気のシュノーケリングポイントにもなっています。

県道83号線から新城海岸と書かれた石碑を目印に曲がると、正面に美しい海の風景が広がります。

ビーチへ降りる道からは、生い茂る木の隙間から望む白砂と海が素晴らしい景色です。

塩田彰(Akira Shiota)おすすめ⑤来間大橋(くりまおおはし)

宮古島の南西に浮かぶ来間島(くりまじま)と与那覇前浜ビーチの南側をつなぐ、全長1,690メートルの橋になります。

海の上をまっすぐに延びた橋には歩道も備わり、太陽の光によって様々な色に変化する海やリーフを眺める絶景ドライブや散策が楽しめます。

塩田彰の今:宮古島を選んだ理由

世間的には、何も不自由なく人生が歩めていて、学生時代から努力をした結果だから、何を悩むことがあるのだろうか?と疑問に思われるのは当然です。

ですが私は、幼少時代、学生時代にしかできないことをほとんど経験してきておりません。

両親が引いたレールの上をただ走っていただけに過ぎません。

大手企業に就職してからも、なんの変化もなく仕事をこなし、定時には会社を出るが、そのまま会社仲間と食事や飲み会に行く事もなく、直帰する生活がずっと続いていました。

大型連休、有休消化も特に何かするかと言われても、独身時代は出かけることはなく、外出しないといけない趣味は持ち合わせていなく、少年時代からの趣味である本を読むことがほとんどでした。

ただ唯一何も考えずにドライブをすることが休暇時の外出する楽しみでした。

そんな中、このままマンネリした人生で一生を終えるのか?人生は一度きりではないか、

小さい頃からずっと両親の言いつけを守り、引かれたレールの上を走っているだけの人生で過ごしてきたまま生涯を終えてもいいのか?と考えるようになりました。

そして小さい頃から勉強をしてきたおかげで、社会人になってからも時間がある時には気になったことは勉強する習慣があり、株、仮想通貨、FXなどの資産運用について本を読み知識は人並み以上にはあり、第二の人生としてこれらをもっと勉強し、マネーコンサルタントとして人生を歩んでいこうと決意し、脱サラをしたのが42歳でした。

塩田彰のプロフィールはこちら

塩田彰|45歳で宮古島に移住した理由

少年時代から、ずっと外出はあまり支那で、自宅で過ごすことがほとんどだった私が、なぜ沖縄の宮古島に移住したのかと言いますと、結婚してから子供を授かり、家族旅行で何回か行ったことがキッカケなのです。

出身地が茨城県という事もあり、都会より田舎寄りの方が私は好きでして、沖縄だとゆっくりと時間が進んでいる感覚にもなり、凄く気分も落ち着き心も体もリフレッシュすることができ自分には最適な環境でした。

脱サラをしマネーコンサルタントとして、第二の人生を歩み始めて良い意味で慌ただしい生活を送っていると、ふとそのような思い出が蘇り、また旅行にいきたいなと思いました。

ですが、会社勤めでは無くなった私は、マネーコンサルタントとして第二の人生を歩み時間にも会社にも縛られることなく生活が送れているのだから、いっそのこと沖縄の宮古島に移住しようと決意しました!

子供も大きくなり自立していましたし、奥さんに相談しても心良く了承してくれました。

宮古島に移住するまで

42歳の時に脱サラし、マネーコンサルタントとして第二の人生を歩み始めましたが、初めは苦労ばかりしていました。

営業に回っても、マネーコンサルタントとしての経験はゼロだということで厳しい意見で追い返されたり、仮想通貨の信用性、信頼性が低く話しさえきいてもらえないことばかりでした。

ですが、それは初めの3年ほどだけで、会社時代の知人や友人からの紹介もありマネーコンサルタントとして第二の人生は両親が引いてきたレールから、自分が引いたレールの上をやっと走ることが出来たことが実感しました。

塩田彰|宮古島に移住して幸せ

会社勤めで、定年退職を待ち貯金、退職金、年金生活だけの人生を歩んでいたら、外出をあまりしない私が唯一外出したくなる宮古島への移住は絶対叶うことのない夢でした。

脱サラをしマネーコンサルタントとして第二の人生を歩む決断をしてからは大変でした。

ある程度の知識はありましたので、さらに深く勉強するため様々な講習会に行ったり、本を購入し、実際に自分でも資産運用を試してみたりしましたが、失敗の繰り返しでした。

ですが、今思うとマネーコンサルタントとしての自分への投資をその時にしていたんだなと実感がわきます。

今は大好きな宮古島で第二の人生を過ごせてすごく幸せを感じます。

塩田彰がおすすめする宮古島スポット紹介

働きだして脱サラまで

私、塩田彰(Akira Shiota)は、1975年8月11日生まれの47歳、茨城県出身です。

小さい頃は、友達と遊んだり、スポーツをしたり、イベントごとに参加することより、習い事に通い勉強を熱心にし良い高校、大学、大手企業への就職を両親が引いたレールの上をただ走るタイプでした。

塩田彰の少年時代について詳しくはこちら

そのおかげもあり高校受験、大学受験も志望する所に入学することができ、大学卒業時には、大手企業にも就職が決まり、よく言えば順風満帆の生活を送っていました。

そんな私が何故脱サラをし他のかを紹介していきたいと思います。

少年時代は内気な性格で、高校に入ると少しは自分が思っていることが言えるようになりましたが、やはり両親には逆らうことは出来ませんでした。

塩田彰(Akira Shiota)の学生時代

高校時代は、少年時代の内気な性格が少し治り、学校帰りは友達と帰宅することもあり、休日には習い事がない日は待ち合わせ場所を決め、遊びに行くことが増えました。

大学入学後は、高校時代ほどではないが、それなりに人と話す回数は増えたが、休日に遊びに行くこともなく、大学のレポートや授業の復習に没頭していました。

勉強は嫌いでは無かったので苦にはなリませんでしたが、本心は友達と遊びに行ったりしたかったです。

ですが、少年時代から言われ続けている両親からの教えもあり、ずっと従ってきましたし、やはり逆らうことも出来ませんでした。

塩田彰(Akira Shiota)が脱サラした理由

世間的には、何も不自由なく人生が歩めていて、学生時代から努力をした結果だから、何を悩むことがあるのだろうか?と疑問に思われるのは当然です。

ですが私は、幼少時代、学生時代にしかできないことをほとんど経験してきておりません。

両親が引いたレールの上をただ走っていただけに過ぎません。

大手企業に就職してからも、なんの変化もなく仕事をこなし、定時には会社を出るが、そのまま会社仲間と食事や飲み会に行く事もなく、直帰する生活がずっと続いていました。

大型連休、有休消化も特に何かするかと言われても、独身時代は出かけることはなく、外出しないといけない趣味は持ち合わせていなく、少年時代からの趣味である本を読むことがほとんどでした。

ただ唯一何も考えずにドライブをすることが休暇時の外出する楽しみでした。

その後は、今の時代ではあまり聞かないお見合いでお嫁さんを頂き、子供も授かり外出する機会は増えました。

ですが、子供も大きくなるにつれて昔の外出しないで自宅にこもる自分に戻りました。

そんな中、このままマンネリした人生で一生を終えるのか?人生は一度きりではないか、

小さい頃からずっと両親の言いつけを守り、引かれたレールの上を走っているだけの人生で過ごしてきたまま生涯を終えてもいいのか?と考えるようになりました。

そして小さい頃から勉強をしてきたおかげで、社会人になってからも時間がある時には気になったことは勉強する習慣があり、株、仮想通貨、FXなどの資産運用について本を読み知識は人並み以上にはあり、第二の人生としてこれらをもっと勉強し、マネーコンサルタントとして人生を歩んでいこうと決意し、脱サラをしたのが42歳でした。

脱サラを決意したのは、40歳

実際に脱サラを決意したのは、40歳の時でした。

40歳の誕生日を迎え、人生も残り半分まできているのかと考え始め、このまま定年退職まで働き、退職金と年金生活で老後は過ごしそのまま死を迎え入れる人生でいいのかと考え初め、上記でお話した通り、マネーコンサルタントとして第二の人生を歩もうと決意しました。

ある程度の知識はありましたので、さらに深く勉強するため様々な講習会に行ったり、本を購入し、実際に自分でも資産運用を試してみたりしました。

第二の人生で宮古島を選んだ理由はこちら

少年時代の紹介

私、塩田彰(Akira Shiota)は、1975年8月11日生まれの47歳、茨城県出身です。

小さい頃は、友達と遊んだり、スポーツをしたり、イベントごとに参加することより、習い事に通い勉強を熱心にし良い高校、大学、大手企業への就職を両親が引いたレールの上をただ走るタイプでした。

そのおかげもあり高校受験、大学受験も志望する所に入学することができ、大学卒業時には、大手企業にも就職が決まり、よく言えば順風満帆の生活を送っていました。

そんな、私の少年時代を紹介していきたいと思います。

塩田彰(Akira Shiota)の少年時代

私、塩田彰(Akira Shiota)の少年時代は、友達と外で遊ぶタイプではなかったのです。

どちらかというと内気な性格でした。

両親に逆らうことはなく、言いたいことは言えない性格で、両親が引いたレールの上を走り続けていました。

本当は、外で友達と遊びに行きたかったが、内気な性格な上自分から誘う事もなく、友達の輪の中に自ら入りに行くことはありませんでした。

学校終わりは、そのまま帰宅をし習い事に通うか宿題をし、一人で本を読んだりしていました。

そのおかげもあり、受験には困らず自分のいきたい学校にも通うことが出来ました。

塩田彰(Akira Shiota)の高校時代

受験には困らず自分のいきたい高校に通うことが出来ました。

高校は規則が厳しく今で言うバイトも禁止されており、学外経験や学外の友達と出会うことはなく高校生活は終わります。

少年時代は内気な性格で、高校に入ると少しは自分が思っていることが言えるようになりましたが、やはり両親には逆らうことは出来ませんでした。

ですが、内気な性格が少し治り、学校帰りは友達と帰宅することもあり、休日には習い事がない日は待ち合わせ場所を決め、遊びに行くことが増えました。

私が学生の時代は、今では常識になっている携帯電話、スマートフォンは流行しておらず、学校で日時を決めるか直接家に行くかの時代でした。

高校での行事にも自ら積極的に参加をし、内気な性格も少しはマシになってきたのが高校時代でしたが、大学受験のシーズンになり勉強に打ち込み始め友達とも遊びに行くことはなくなり、また昔の自分に戻り始めていました。

塩田彰(Akira Shiota)の大学時代

昔の内気な自分に戻り始め、外出をする事もなく、直帰する回数が多くなったことにより大学受験も無事に合格することが出来ました。

受験合格後も、特に昔みたいに友達と遊びに行く事もなく、勉強は続け休日も出かける事なく本を読む生活がほとんどでした。

大学入学後は、高校時代ほどではないが、それなりに人と話す回数は増えたが、休日に遊びに行くこともなく、大学のレポートや授業の復習に没頭していました。

勉強は嫌いでは無かったので苦にはなリませんでしたが、本心は友達と遊びに行ったりしたかったです。

ですが、少年時代から言われ続けている両親からの教えもあり、ずっと従ってきましたし、やはり逆らうことも出来ませんでした。

そのおかげで、志望する大手企業に就職することができたわけです。

社会人になった塩田彰(Akira Shiota)

晴れて社会人となった私は、何不自由なく生活を送っていました。

20代後半には今ではあまり無いかもしれませんが、お見合いという形でお嫁さんを頂き、子度にも恵まれました。

誰がどう見ても順風満帆な人生を歩んでいます。

ですが、あるタイミングで私は大きな決断をします。

それは脱サラをし、マネーコンサルタントとして沖縄の宮古島で第二の人生を歩み始めるという決断です。

働きだして脱サラするまでの決断や、なぜ沖縄の宮古島で生活を送ることに決めたのかはまた紹介していきます。

塩田彰の半生「働きだして脱サラまで」はこちら